SERVICE 事業案内

PR

顔認識を活用した分析

顔認識で来店者属性を分析

サービスの概要

AIで顔認識を分析することで、あなたの店舗ビジネスにより良いマーケティング分析を実現します。

サービスの提供価値

  • ・売上アップの機会作り
    従来のPOSシステムでは実際に商品を購入した購買層のデータしか把握できず、非購買層がどんな人物で何を求めているかは不明確でした。GDTは、顔認識という方式を用いることで、非購買層も含め全ての来店者の把握が可能です。そのため、いつ、どんな人物が店頭に訪れているのかを把握し、非購買層に向けて、商品展開やレイアウト、キャンペーン、イベントで見込み客を購買に繋げることが可能です。
  • ・イベント効果を測定、改善
    集客数確保の為に展開されるイベントも、実際にイベントに訪れた母数がわからなくては、その正しい効果測定はできません。これまで、大勢が集まるイベントの効果測定には、人件費をつぎ込み目視での集計が主でした。しかし、それは目視であるために集計の制度も不確かです。顔認識を活用すれば、人件費を費やすこともなく、正しい効果測定が可能です。イベントに訪れた来店者を正しく測定することで、マーケティング戦略に活用し、イベント効果をより高いものにします。
  • ・商品やサービスの企画・選定に活用
    これまで、商品発注の際の選定は、過去のPOSデータを参照していました。しかしそれは「購買者」のデータでしかありません。来店者の内の「一部のデータ」でしかないのです。GDTは非購買者も含めた全ての来店者の年齢や性別といった来店者属性を把握することで、いつ、どんな商品を展開するのか、効果的な商品展開のプラン立てに活かすことができます。
  • ・非効率な宣伝費の削減
    打ち出した広告。その効果はどれくらいあったでしょうか?その時期は正しかったでしょうか?打ち出した広告の効果を正しく分析すれば、効果の薄い広告や、イベントがきっと見えてくるはずです。そうすれば、余計な宣伝費を削減することも可能です。
  • ・非効率な宣伝費の削減
    打ち出した広告。その効果はどれくらいあったでしょうか?その時期は正しかったでしょうか?打ち出した広告の効果を正しく分析すれば、効果の薄い広告や、イベントがきっと見えてくるはずです。そうすれば、余計な宣伝費を削減することも可能です。
  • ・人件費を削減
    今かけている人件費は、実は過剰なものかもしれません。GDTで時間別、日別、月間別に来店者数の分析をしていけば、「実は時間帯はスタッフ数はもっと少なくてもよかった」なんてこともわかるようになります。それがわかれば、人件費はもっと削減できるはずです。
  • ・顔認識で得たデータをセグメント化
    マーケティングにおいて、セグメント化は必要不可欠です。顔認識を通じて得たデータはビッグデータとしてシステムに保存されます。それらのデータをセグメント化し活用することで、DM、メール配信、チラシ広告とした発信型の販促でターゲット層を絞り込み、効果的な販促活動を行うことが可能です。いつ、どんな人物に配信するのかがわかれば、無駄なコストを抑えた高い広告効果を生み出すことが出来るようになります。
  • ・デジタルサイネージ広頭広告をもっと効果的に
    顔認識で、見る人に合わせた最適なコンテンツを表示。顔認識で捉えた対象に応じてコンテンツが変化。店頭コンテンツに「パーソナライズ化」の概念を実現させることで、高い効果を実現します。

サービスの特徴

1. 顔認識による来店者の検出・カウント
監視カメラを設置することで、顔認識が店舗の来店者を検出・カウントします。不特定多数の人が絶えず訪れる店舗や施設の来客者を自動収集。推定年齢や推定性別情報、来店日時を記録します。
2.収集可能な来店者属性
年齢、性別、来店日時。これまで把握しきれなかった非購買層の年齢層や性別の推定値を自動認識。膨大な来店データから購買機会を逃さず売上アップに活用。新たなマーケティング分析が顔認識で実現します。
3.収集データをグラフ表示
収集したデータは円グラフや棒グラフとして視覚的に表現します。例えば、30代の男性が、どの時間に多く来店しているのかも、GDTならすぐわかります。
4.分析データはCSV出力
データは表計算ソフトで管理したいという多くのマーケターのために、CSV出力機能を備えています。もちろん、既存のPOSシステムとのデータの掛け合わせも、CSV形式なら柔軟な対応が可能です。
5.重複のない、ユニークユーザー分析
顔トラッキング機能を搭載することで撮像しているエリア内の人物の顔を捉え、自動で顔をトラッキングします。顔の角度が変わっても一人のユーザーとして識別し、その間に角度の高い属性値を計測します。歩きながら様々な角度に変わるユーザーの顔向き変化に対応でき、重複のないユニークユーザー数の分析が可能です。来店者数の傾向を図る際に大きな指標となる機能の一つです。
6.カメラ最大16台接続
最大16台のカメラを同時接続可能。複数の入店口がある場面でも万全の対応ができます。
7.デジタルサイネージとの連携
顔認識機能とデジタルサイネージを連携することで、来店者属性に併せたコンテンツの配信を可能にしました。デジタルサイネージに設置したカメラから、対象の顔を認識することで、年齢と性別を分析。それに応じて、デジタルサイネージを見ている人の年齢・性別に合わせたコンテンツを表示します。
8.使えば使うほど、コンテンツ配信の効果が向上
デジタルサイネージを見た人物の来店者属性や、コンテンツの配信を抽出・分析することで、どの時間にどんな人物が広告を見たのか?その頻度は?といったことがわかります。それを元に広告配信の設定を行えば、紙媒体の広頭広告とは比べ物にならないほど、高い効果を生み出すはずです。

サービスの流れ

弊社専門スタッフが、丁寧・迅速に対応。豊富なノウハウを詰め込んだ顔認識技術でご支援します。

サービス資料ダウンロード

サービスの紹介資料・事例やアウトプットサンプルをダウンロードいただけます。

資料ダウンロード

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問などはこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ