SERVICE 事業案内

Webサイト運用業務改善

Webサイトの運用業務を最適化し、PDCAの土台作りを行います。

ターゲットユーザー/ステークホルダーの多様化・Web関連技術の高度化に伴い、Webサイトを管理されているご担当者/部門(Webマスター)にかかる業務負担は増加傾向にあると感じています。本来はWebの企画立案や効果測定など、戦略的に活用するために業務に集中すべきですが、日々の更新業務に追われてしまっているのが現状ではないでしょうか。弊社は、貴社のWebサイト運用におけるWebマスターの方の業務負担を減らし、かつ業務の継続的改善をおこなえる体制づくりをサポートいたします。

サービスの概要

多くのWebサイトの運用現場においては、業務フローが不明確であったり、マニュアルが未整備であったりすることで、属人的かつ流動的な運用が行われています。

PDCAを回して、サイトの成果を向上させていく環境を整えるには、定型・非定型の業務を切り分け、合理化・効率化を進めていく必要があります。

Webサイト運用業務改善サービスでは、現状の"組織"と"人"、それに紐づく"運用状況"と"業務フロー"などを総合的に可視化することで、課題を洗い出します。

個別課題については、全体最適の視点から優先度を付けて対応を進めます。Webサイトにおける運用業務を最適化して、PDCAを回すための土台を作ります。

サービスの提供価値

  • ・業務の無理・無駄・ムラをなくし、定型化することで業務効率を高めることができます。
  • ・業務プロセスを可視化して、業務遂行上の課題を解決することで、属人的な運用が是正され、マネジメントが安定させることができます。
  •          
  • ・サイトの運用業務を最適な状態にすることで、成果向上のためのPDCAサイクルの土台を固められます。

サービスの特徴

1. 現状調査を踏まえて現在の業務を
現場のご担当者様、管理職の方の数名ずつにヒアリングを実施。現状の個々人の業務を明らかにするとともに、業務全体を俯瞰できるように可視化します。
2. 業務遂行上の課題点を特定
業務全体を可視化する中で、業務フローの不明確さ、マニュアルが未整備であることによる属人的な処理、運営体制や意思決定上のボトルネックなど、様々な問題点を抽出していき、優先的に解決すべき課題を特定します。
3. あるべき運用業務フローを組み立て
今後の運用方針を策定、それに基づく具体的な運用業務設計で遂行可能なオペレーションへの落とし込みをご提案します。また、合わせてワークフローや運用ガイドラインなども整備を進め、さらなる業務効率の向上を実現します。

サービスの流れ

Webサイトの運用業務を改善し、PDCAの土台作りを行います。

サービス資料ダウンロード

サービスの紹介資料・事例やアウトプットサンプルをダウンロードいただけます。

資料ダウンロード

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご相談やご質問などはこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ